黒田まさきの想い

黒田まさきの想い

黒田まさきが語る すべては次世代のために… 誇れる堺を次世代に

選挙前に良い事ばかり言って借金を増やし続ける今の政治。
お金が足りなくなれば借金をする。そんな楽な政治なら誰でもできる。
今の政治家は国民の将来の幸せのために批判を恐れずに行動しなければいけない。

堺市の現状

堺市は政令市に移行後も借金が増え続け今では一般会計・特別会計合わせて7629億円という莫大な借金が積み重なり衰退を続けております。
それは政令指定都市という枠組みに固執し「堺のことは堺で決める」と殻に閉じこもり陸の孤島になっているのが大きな原因です。

堺市には力がある

その昔、堺の先人方は大きく扉を開いて、国内外問わず交流の拠点として発展させてきました。その結果、今でも日本有数の歴史・文化のまち堺。
先人方や諸先輩方が必死に築いて下さった「誇れる堺」を次世代に引き継いでいくことが今を生きる大人としての義務だと考えます。

堺市議会議員 黒田まさき

すべては次世代のために

堺市は今後迎える少子高齢化によりますます厳しい財政運営が迫られます。
私達はその困難な時代に立ち向かい、先人のご尽力で築いていただいた「誇れる堺」を次世代に引き継いでいかなければいけません。
私はその義務を果たすために今までのような「目先の空腹を満たすためにとりあえず魚を配る」という短絡的で無責任な政治ではなく、次世代にバトンを渡した後も継続して魚を食べれるように市民と一緒に汗をかき、一緒に釣竿を作り、1人ひとりが自立できる仕組みを創り上げ、納税の不平等感をなくし、本当に支援が必要なところに手が届く「優しい堺」を目指します。

大阪維新の会 堺市議会議員 黒田まさきBLOG

このページの先頭へ