障がいを乗り越え国と地域に貢献

今日は朝から議会運営委員会
全議員が市役所待機する拘束がかかりますが、拘束解除になってから同僚の札場泰司議員、西川知己議員と一緒にワークセンターつつじに使用済みの小型家電を持って行きました^_^

ワークセンターつつじでは
「障がいを乗り越え国と地域に貢献し、賃金を上げて生き甲斐を見つける」をテーマに、小型家電を回収して中のレアメタルや金銀銅を取り出して売却。
障がい者の方々の賃金アップに繋げております。

都市鉱山といわれる小型家電
山を削るよりも効率がよく、
捨てればゴミ、分ければ全ての部品が宝物。

それの役割を障がい者の仲間が担うことによって働く喜びを知り、自分のお金で好きなものを買う。
ワークセンターつつじでは国と地域、そしてこの取り組みに関わるすべての人の幸せを願って事業を進めています。

4年前に10代からの大親友と始めたこの取り組みですが、新聞やテレビでも取り上げていただき、今では作業所のネットワークも広がり、協力していただける市町村や自治会、企業も増えてきました^_^

皆さまも身の回りにいらない小型家電があれば引き取りに行きますのでご連絡下さい^_^

http://www.wc-tsutsuji.com/~angolino/

関連記事

  1. 週末の活動
  2. 地域の子どもたちは地域で育てる
  3. 毎日の出会いに感謝
  4. 住民のお悩み解決に向けて
  5. 東区民まつり
  6. 児童養護施設の子ども達
  7. 「願い」を感じ、実現する。
  8. 登美丘東小学校の塀

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP